2006年03月11日

オルタネイティブ世界でのハッピーエンドな未来を考えてみる

マブラヴ オルタネイティブは1本道のお話であり
結末はひとつしか用意されていなかった。
ヒロインたちはBETAとの地球決戦である「桜花作戦」でみな戦死してしまう。

もしオリジナルハイヴ破壊後に生き残っていたらどんな未来になっただろうか。
「オルタネイティブ4」が支持され、BETAとの戦いが続く限り
A−01部隊のヒロイン達を待つのは、次の00ユニットとなる未来である。
そしてそれは、死を意味する。
特に冥夜は、博士の発言からもヒロインたちの中では最有力な素体候補者だったようだ。

「白銀武集合体」視点から見て、あの中の誰かが00ユニットになってしまったら
既にハッピーな展開とは言えないだろう。

そこで前提を変えて、
桜花作戦で、もし和平への道が強く示される展開となっていたら。
そうなればヒロイン達は、素体候補者としての運命を回避することが出来るかもしれない。


続きを読む


posted by はろる at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

エピローグで白銀武が戻った世界とは

これはオルタネイティヴにおいて最大の謎のひとつです。
いくつか考えられる案をあげてみて、そこから推理してみたい。
以下、オルタネイティヴでの白銀武を、いろんな世界から集められた白銀武であることから「白銀武集合体」と明記します。
また、社&悠陽が転校してきたあの世界を「エピローグ世界」と明記します。

世界1.「白銀武集合体」が消える前に見た夢。
世界2.ああいう平行世界に「白銀武集合体」はたまたま戻った。
世界3.純夏脳の意思により歴史が改変されて作られた、新しい可能性の世界。
世界4.ただのアージュのファンサービス。いわゆる某ゲームで言う、げっちゃ。
世界5.解釈はご自由に、と開発者でもどんなシナリオか決めていないなんとなく作ったエピローグ。

世界「1.」「2.」「4.」「5.」は、これが真実であっても、どうにも証明のしようがない。
そして、「3.」の世界であるとすると、いくつか疑問点が沸いてくるのである。
その疑問点=謎を明らかにし、「エピローグ世界」について考えてみる。

続きを読む
posted by はろる at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

マブラヴ オルタネイティヴで、白銀武は何を成し得たのか

公式で純夏ルートと書かれているとおり、この作品は確かに純夏ルートである。

しかし、クリア後どうにもすっきりしないので
何が腑に落ちないのか明確にするために考えをまとめてみた。
このブログはそのためのブログなのである。
一部デモンベインのネタばれもあるので、そちらのゲームをやっていない人は見ないでください。

結論から簡単に言うと
この作品、ヒロインは207小隊の5人であり、ラスボスは純夏だったのではないだろうか。

続きを読む
posted by はろる at 02:40| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。